航空券とホテル代が一緒になるダイナミックパッケージの活用

- 格安航空券の種類

格安航空券の種類

「格安航空券」と最近よく耳にはするものの、一体何がどう安いのか分かっておられる方はあまり多くないのかもしれません。
スーパーの特売やセールのような「安さ」とはまた違う、理由のある「格安」なのです。
語義的には、そもそもはツアーや団体旅行向けだった航空券を個人にバラ売りすることで価格が下がったものを「格安航空券」といいます。
よって、これは旅行代理店もしくは航空会社でしか扱われていません。
中でも航空会社が扱う格安航空券は「PEX航空券」と言い、航空会社が独自に価格や制約を決定できる正規割引券のことを言います。
最近はピーチやジェットスターなどLCCが「安さ」を強みに快進撃を続けていますが、これは運航コストや人件費の削減による「安さ」なので、厳密には「格安航空券」ではありません。
格安航空券の種類や違いを頭にいれておく必要はありませんが、購入する際には必ず「自分が求めているフライトスタイル」をはっきりさせ、航空券の制約や有効期限を確認しておくことは必須です。
往路/復路共に日付や便も決定しておいていいのか、万が一のことを考えて変更がきくような航空券を購入しておくべきなのか…基本的には制約が多ければ多いほど価格は安くなりますので、自身で判断がつかなければ旅行代理店や航空会社に相談して決定することをオススメします。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »

Copyright(C)2014航空券とホテル代が一緒になるダイナミックパッケージの活用All Rights Reserved.